テクニック

【初心者必見】アパレル接客における笑顔の作り方やコツを伝授!

皆さん接客の時に笑顔の意識はしていますか?日常でも笑顔が苦手な方は多いかと思います。ましてや初めて会う、お客様に対して笑顔を作るのって難しいですよね。
笑顔が大事なのは分かっているけど笑顔ができないという販売員の方が多いです。

中には接客は上手なのに笑顔がない販売員の方も多いです。とても損をしていると思います。

ここでは接客での自然な笑顔の作り方のコツをお伝え致します。これを覚えればきっと無意識にできるようになるので是非最後までお付き合い下さい!

笑顔の重要性

第一印象が重要

初めてお店にご来店されるお客様がほとんどです。お客様はまだ何もお店の雰囲気が分からない状態です。人は動いているものに目を向ける事が多く、「いらっしゃいませ」と声をかければほとんどのお客様が目を向けます。そこで販売員の第一印象が決まります。

笑顔なのか無表情なのか目を合わせないのか。

皆さんがお客様だった場合、何が望ましいか分かりますよね?「笑顔で目を合わせて」言って頂いた方が、間違いなく第一印象はいいですよね!

お客様との距離

接客に入る際、お客様は警戒しています。そこに無表情で声をかけたら距離が縮まるどころか、余計と距離が開いてしまいます。会話もできないままお客様がその場から離れてしまう可能性もございます。

お客様の警戒心を無くすために笑顔でお声がけを行いましょう!

笑顔ひとつでお客様との距離は縮まります。こちらが笑顔になれば、お客様も笑顔になって頂けます。お客様に安心して頂ける笑顔の意識を行いましょう!

自然な笑顔

不自然な笑顔は警戒心を招く

たまにこんな販売員の方がいます。

スタッフちゃん
スタッフちゃん
いらっしゃいませーーー!(ニコニコ)良かったらゆっくり見てって下さいねーーー!!(ニコニコ)
お客様
お客様
(うわーーー。すっごい笑顔、、、なんか話しづらい、、、。)心の声

まず、お客様が警戒心を持っているということを忘れないで下さい。距離を埋めるにはある程度お客様の温度感に合わせなくてはいけません。上記はお客様の温度感も考えず、ただ元気に笑顔を作っているだけです。これではお客様も更に警戒してしまいますよね!

常にオーバーな笑顔で接客をされる販売員の方もいます。これもNGです。お客様は怪しさを感じ、ご案内にも不信感を抱いてしまいます。

笑顔=笑うではない

あくまでも自然な笑顔です。笑うとは違います。微笑むぐらいの笑顔が望ましいです。

笑顔の相手はお客様です。お友達ではないので、「節度のある行動」を意識しましょう!

しかし、ある程度、接客でお客様との距離が縮まった場合は、笑うを入れると効果的です。お客様の温度感に合わせるといいでしょう。お客様が声を出して笑うのであれば、合わせてあげるとお客様との距離も縮まります。

笑顔への取り組みのコツ

意識から自然へ

まずは意識して笑顔を作る練習をしましょう!接客中以外でも店頭で作業している時も全てです!笑顔の作れない方は口角を上げる練習を行うことをオススメします。

下記に「1分で口角を上げる!印象アップな顔ヨガの方法」と言う記事がありますので参考にして見て下さい。

1分で口角を上げる!印象アップな顔ヨガの方法

口角が上がると見た目も良くなり、第一印象が良くなります。アパレルの販売員の方は店内に鏡もあるかと思うので、定期的に鏡を見て笑顔の確認を行うと良いでしょう。初めのうちは思っている以上にできていないと思います。

接客以外もとお伝えしましたがなぜだか分かりますか?お客様は常に見ています。接客していない時もお客様はお店の前を通ったり、店内に数多くいらっしゃいます。常に見られていると言う意識が大事です。

まずは常に意識を行い練習し、次に意識をしないで他の販売員の方に見てもらいます。できているか、できていないか判断してもらいましょう!

これができるようになれば、無意識に自然と笑顔ができるようになります。

取り組みのコツ

・店頭で常に笑顔の意識

・見られている意識

・鏡で笑顔の確認の意識

上記を忘れないように行って下さい。初めは常に意識をする事を忘れないで下さい!

まとめ

笑顔って簡単そうで難しいですよね!身近な人だと自然と笑顔ができるのにと思う方も多いかと思います。意識をしてしまうと尚更ぎこちなくなってしまいます。

ですが、あなたはプロの販売員です。プロならお客様への笑顔は絶対です。きっとお客様もあなたが笑顔が見たいと思っていますよ!あなたの笑顔でお客様を笑顔にして下さい。

笑顔ができると自信にも繋がり、普段の接客もいつもより積極的にできるようになります!

接客に息詰まっている方や接客が苦手な方は一度、ご自身の笑顔を確認して見て下さい。

「素敵な笑顔ですね!」と言っていただける販売員を目指しましょう!!