接客

【アパレル店員の声掛け】身に付けると便利なフレーズをご紹介!

お声掛けって気にした事ありますか?あまり気にする方は少ないかと思います。
なんとなくお声掛けをしていませんか?全てのお客様に同じお声掛けをしていませんか?
心当たりがある方は要注意です!!

きっとお客様は沢山のお店を周り『何度も同じフレーズ』を聞いているかと思います。

お客様にオッ!と思わせるお声掛けを常に考えましょう!

店員がしっかりとお声掛けを行えば、お客様もしっかりと答えてくれます。お声掛け一つでお客様の気持ちは大きく変わります。

一度、お声掛けを見直してみましょう!

お声掛けをなぜ行うのか

お声がけの意味を理解する

まず、お声掛けをなぜ行うか理解しましょう。何も分からないままお声掛けを行なっても、どのお客様にも同じようなお声掛けになってしまいます。

あなたのお店に来る全てのお客様が商品を買うことはないですよね?むしろ、買わない人の方が多いかと思います。
お客様を見て、この人買う、この人買わない、なんて事も分かりませんよね?

お声掛けをする事により、お客様がどのくらい購買意欲があるのか確かめる作業です。また、その購買意欲を上げる作業でもあります。

お客様の雰囲気を確かめる

お声掛けをすることにより、お客様が接客が好きか嫌いか見えてきます
笑顔や目を合わせてくれる方か、あっさりとした返事や返答がない方か。

これが分かるだけで次に行う会話のイメージが作りやすくなります。購買意欲のあるお客様は進んで会話をして頂けます。

声がけのコツ

入店したら絶対

『いらっしゃいませ』は絶対です。

あなたが入店した事にしっかり気づいてますよ。というアピールにもなります。笑顔でお客様を見て必ず行なって下さい。

お客様の動きを見る

ご入店された際、ゆっくりと店内を歩くのか、足早に店内を歩くのか見ます。
足早な方はあまり目的がないお客様に多いです。ゆっくりと店内を見られる方は、何かお探しのものがあるか、店内の雰囲気を見て気になるものがありそうだなと思っているお客様が多いです。

ここで注意して頂きたいのは、止まって凝視するのではなく、視界に入る程度に動きながら見て下さい。凝視されて嬉しいお客様はなかなかいませんよね?

動作が止まったら

お客様が、足を止め商品を見ていたり、手に取ったりするタイミングを見逃さないで下さい。何かに興味を持った合図です。

できる限り、すぐにお声がけができる距離で、おタタミや作業を行い待機しましょう。

便利なフレーズ

商品以外の会話

お客様は断る理由を考えます。警戒心をなくす事が重要です。

天候・季節

店員
店員
天気が良くてお買い物日和ですね!

店員
店員
今日、すごく寒いですね!

「天気が良くてお買い物日和ですね」「今日、すごく寒いですね」
などはお客様も返事のしやすいフレーズかと思います。
天候の話しから入り暑い場合などはTシャツや涼しげな商品のご案内、寒い場合などはアウターなど暖かい商品への会話に繋げやすいかと思います。

イベント

店員
店員
今日セールなんですよ!

店員
店員
今日、今日から連休ですね!


「今日セールなんですよ!」「今日から連休ですね!」
などはお客様の購買意欲が高くなりやすくなります。セールなどは皆さんお好きですよね。セールだと知らないお客様もいらっしゃいますのでご案内も兼ねてお伝えします。
連休なども気分が高くなっている場合が多いので、お伝えする事で思い出し、気分を高くして頂きます。

お客様

店員
店員
ネイル可愛いですね!

店員
店員
可愛いバッグですね!


「ネイル可愛いですね!』「可愛いバッグですね!」
露骨に褒めるのは警戒を招きますが、さりげなく褒められると嬉しくないですか?褒められて嫌な思いをする方は少ないですよね。
気に入っているから身につけているのですから、共感し褒められたらお客様との距離もグッと縮まります。

まとめ

いきなり商品の話しに入ると更に警戒心が増してしまいます。よく商品のことばかり説明する店員がいます。でもお客様は『全然この商品欲しくないんだけど、、、。』なんて話しをよく耳にします。

これはお客様に寄り添いニーズの聞き出し、購買意欲の確認が全くできていないからなんです。これではお客様に嫌われてしまいます

皆さんはそんな販売員にはならないで下さい

初めてではお声がけの勇気がでなかったり、言葉に詰まってしまったりするかと思います。

諦めないで下さい

何回もチャレンジし、改善をおこなっていき、経験する事でフレーズも増えていくかと思います。

フレーズは経験の数だけ増えていきます

きっと気づいた時には自然と『声掛け』ができていますよ。